【アート】 そこにあるパワー

 昨年の横浜開港記念祭。アレに登場した「巨大なマシンの蜘蛛」。

 私は今まで、どっかの会社か大学のロボットだと思ってたんですよ。つまり「技術者」によって作られた「機械」。

 でも、アレ、「アーティスト」による「パフォーマンス」だったんですね。

 昨日やってたBShiのハイビジョン特集で初めて知った。
 当時のニュースなんかじゃ、そのあたりをフューチャーしてなかったよね?


 で、これをやった「ラ・マシーン」の初期の作品に、女の子もあったんだとか。



 異界の星から地球に下りたった巨人の少女。とまどう彼女に手を伸ばしたのは、優しい目をした一頭の象だった…

 もうこのシチュだけで萌えるでしょ? 巨大女性好きとして(笑)
 しかも、意外に、といっちゃ失礼だけど、意外にかわいいのよね、この娘。

 あー。蜘蛛も見に行っとけばよかったかなあ~。


 しかし「実物」ってのは凄いね。

 「量感」とは「パワー」だよ。
 

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)