【Fallout4】 裸の復讐鬼往来控 (19)

DLC:ファーハーバーをクリアしました。

お盆くらいからかかったので、ほぼ1ヶ月て感じですかね。
新しい土地、新しい敵に巡り会うのは楽しかったです。


ニックの旧友、中野氏の娘が、
思春期まっただ中に人造人間のコミュニティラジオを聴いちゃったもんだから、
「自分は人造人間じゃないか病」を発症→失踪。 てのが発端。

いちいち日記をテープに吹き込み、録音し損ないまで残してて、いつの時代の青春日記だよ。

FO4_1902.jpg

ほほえましい。

そうして乗り込んだファー・ハーバー島。
船で乗り込むとこが、skyrimのDLC:ドラゴンボーンを思い出させます。

FO4_1901.jpg

ところがこの島、ウェイストランドの縮図というか、
いやらしい人間関係をギュッと詰め込んだ感じで、ベゼスタ節爆発。


第1の勢力は、まず初っぱな手を貸すことになり、
まあ、普通は「味方してれば話が進むだろう」って思う、ファーハーバー村

ところがこれが、頑固な田舎者の集まり。血の気も多く、排他的。
正直、なにかやられたら他の勢力を皆殺しにしても良いとさえ思ってます、こいつら。
アメリカじゃ、ちょっと郊外へ車を走らせれば、こんな村、いくらでもあるんでしょう。

FO4_1903.jpg

まともな人もいりゃ、小さな良心も居るんですけどねえ…

FO4_1904.jpg


第2勢力は、その村人達が、自分たちを襲ってると敵視してる、
今作FO4の問題児、放射能信仰教会 チャイルド・オブ・アトム ニュークリアス道場

FO4_1905.jpg

村人は、ここ数年で、島を覆う霧が拡大したのはこいつらのせいだと思ってる。

ところが、中に居るのは、
キングスポート灯台の隣で住んでるような好戦的な侵略的布教者だけでなく、
無邪気にアトムの力を信じて滅んでいく無力な信心者だったり、
放射能による良いミューテートが望めないので除去薬飲んでる奴までいたり。
施設内ショップの店員も、気のいいねーちゃんだったりします。

FO4_1906.jpg


そして第3の勢力は、問題の霧を除去するマシンを村に提供した、
山奥に隠遁している人造人間のコミュニティ アカディア

FO4_1907.jpg

ボストン全土からここへ逃げてきた人造人間達は、
レールロードによって新しい人生を与えられた本土の人造人間に比べ、
ひねくれてて暗い感じ。

ファーハーバーからすると、人造人間てだけで信用できないのだろうけど、
リーダーDiMAは自己改造を重ねて進化した個体であり、
少し上から目線なところが、田舎者にはこれまた辛抱できないのかも(笑)


これら3つの勢力は、どれも一枚岩ではなく
善や悪と一元的に決めつけられないところがこのDLCの魅力であり、
話を進め謎解きする悩みどころでありました。

すごい濃い出しのお話でしたよ(;^ー^)


しかし、今回キーになっている霧。こいつがやっかいでした。
霧には放射能が含まれており、その上、
人喰いサンショウウオや人喰いアンコウといった海棲ミュータントの隠れ蓑になってます。

ジュラシックパーク3では、霧の中からプテラノドンが歩いてくるシーンが最高に怖かったけど、
そんな風に霧の中から、体高2メーターのサンショウウオが二足歩行で飛びかかってきたら
そりゃあ、私ならしめやかに失禁するね。

強力な武器と、RAD対策Perk必須です。 薬品じゃちょっとキツイかな。

他にも敵キャラとして、食えるもんならミュータントだろうが人間だろうが食う、
狂気のレイダー トラッパー が追加されています。


なんせ、全てが終わった後に、主人公のニックも肩をすくめて文句言うくらいでした。

FO4_1908.jpg
FO4_1909.jpg

あ、コンパニオン連れてくなら、ニックがお薦めですよ!

島も広いので、探索や拠点開発もしがいがあり、良いDLCでした。

ところで、111ママのいい顔写真が撮れたので、最後に載せときますね。

FO4_1910.jpg
 

テーマ : Fallout 4 - ジャンル : ゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)