【Fallout4】 裸の復讐鬼往来控 (12)

アンドロ軍団の鉄くずめー!!

DLCのオートマトロン、どうせ開始しちゃったので、一気にクリアしてしまいました。
複雑なシナリオではないので、まだの方は安心してかかって良いと思います。
ただ、必要レベルは高めです。


キャラバンが襲われてるのを助けるところから開始です。
生き残ったのはキャラバンのガードロボ1体。
彼女に、ボストン一帯に殺人ロボットが放たれていることを聞き、
その真相に迫るというシナリオです。

ヒロインのエイダ。

FO4_12001.jpg

本編で登場するキュリーに続くロボットヒロインです。
キュリーは●●●しちゃうので、その後を継ぐ存在と言えます。 萌え。

殺人ロボット軍団。

FO4_12002.jpg

このシナリオでは、主な敵はロボットたちです。ある目的のため、本気で殺しにかかってきます。

アサルトロンの頭部レーザー砲はもちろん、ガトリングレーザーや、
中にはシシケバブのようなヒートブレードでカニバサミしてくる奴も居て、
エネルギー兵器+継続ダメージの応酬となります。
必要レベル15ってのは、そのあたりが理由でしょう。ガンガン死ねます。


全体の印象は、NVのDLC「Old World Blues」に近いでしょうか。
ピーカン照りのボストンに似合ったお話だったと思いますし、
メインクエストへの皮肉になってると思います。


このクエストをクリアすると、2つのワークベンチが追加されます。

本DLCの売りである「ロボットワークベンチ」と、「アイボット・ポッド」です。

「ロボットワークベンチ」では、ジャンクを利用して新しくロボットを作れます。
かなりの量のジャンクを消費するのと、武器を充実させるにはBlacksmithやScience!など、
人によっては全く取ってないperksが必要になるのがネックです。
でも、倒したロボットからパーツをむしって付けることはできるので、
クエストクリア後に発生する残党狩りの無限クエストを利用して、
殺人ロボットを壊し続けてると、いつかは欲しいパーツが出るようになってます。

産み出したロボットがガシガシ歩きながら拠点に溢れ出ていく様は感動。
実際に住民やコンパニオンにはしなくても、一度はやってみてください。

ヤルッツェ・ブラッキン!!

FO4_12003.jpg


一方の「アイボット・ポッド」は、資材探索のドローンを放てるステーション。
これこれの素材を見つけてこい、と指令を出すと、
犬小屋みたいなステーションからアイボットくんが飛び出して、世界へ旅立ちます。

やってることは地味ですが、粘着材などのビミョ~に集まりづらい資源や、
2mm電磁カートリッジやミサイルなど満腹になりにくい弾薬を集めるのに重宝します。

ただし、アイボットは見つけてくるだけで、後は自分でダンジョンに侵入し、
マーカーを頼りに回収してこなければなりません。
めんどうですが、ダンジョン全体で、目的の素材のスポーン率が上がるのが救いです。

設置した後、電力6を給電してやっと稼働するという分かりづらさもネックです。


このほか、DLCを導入すると、「ラスト・デビル」という敵派閥が追加されます。

FO4_12004.jpg

どーやったのか、殺人ロボットをハックして従えたレイダーです。
エイダさん曰く、

FO4_12005.jpg

だそーです。
レイダーとして野良イベントや拠点襲撃イベントに登場してきます。

こいつらは、ロボットのパーツで武装し、外装をアーマー代わりに着込んでいて、
そのどちらも、主人公や入植者などに装備させることができます。


オートマトロンは、長いシナリオではありませんが、遊び要素がぐんと増えるDLCと思います。
ただ、シーズンパスが3月に値上げになったので、買うかどうか悩みどころ。
本編に深く食い込んでたり、極端に楽になったりするものではないので、
STEAM版であれば、たまに割引なんかがあるので、そういうの待ちでも良いかもしれません。

ただし、エイダさんにはかなり萌えます。
 

テーマ : Fallout 4 - ジャンル : ゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)