【映画】 悪の経典 (ネタバレ)

WOWOWでやってたんで、観た。

びっくりした。

アレだけの大量殺戮シーンがあって、猟銃で胴体を撃つシーンしかない。


ダミーヘッドが粉みじんに吹っ飛ばされるシーンがない。

四つん這いで逃げる被害者のチンポマンポを撃ち抜くシーンもない。

縊り殺された死体の顔が背中を向いてない。

ナイフで首をカッ斬られても頭がデロンともげない。

拷問シーンでハンダごてが耳の穴にも鼻の穴にも突っ込まれない。


片手落ちにもほどがある!

70年代80年代のホラーでバリバリやってたゴア表現が軒並み無いなど!

気合いが入ってると思ったのは、猟銃の衝撃で死体が吹っ飛ぶ慣性と、
ドラム缶焼きされる被害者が足をバタバタさせる特撮くらい。


この映画は、主人公が周りの人間を天まで持ち上げて地獄へ落とすだけの映画だ。
ゴアが酷ければ酷いほど効果があるはずだ。

なのにこの体たらく。


しかも監督が三池崇史と知ってさらに腰が抜ける。


だがまあ、単に残虐だけでなく、コメディ・パロディもやる三池監督のこと、
「15R指定で主題歌がEXILE」という縛りの中でベストを尽くした、
ということなんでしょうねえ。

あと、主役の伊藤英明の演技は良かった。キモさが出てた。


ちょこちょこっとカットしたら地上波深夜でもOKなんじゃね?
みたいな色気も見え隠れしてたので、
そのうちテレビで観られるかも。ね。
 

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)