【おでかけ】 特撮博物館へいってきた

特撮博物館の愛媛展示に行ってきました。

愛媛県美術館  http://www.ehime-art.jp/tenrankai/now/index.html

tokusatu1306_02.jpg

超大河原邦男展もそうだったけど、勇ましい看板。
(モザイク内は巨神兵を真似る友人。)


愛媛に来たらもうそれ以上近くまでは来ないだろうなと言うのと、
大阪や神戸の展示があっても込んでそうだったので。

実際、撮影可能なジオラマブース(2カ所)は、
盛況だけれどスキマを見て撮影は可能な程度の混雑。
正解でした。

tokusatu1306_03.jpg tokusatu1306_01.jpg


とにかく、前半の目玉は、メカゴジラ2の着ぐるみ!

ジェットビートルやウルトラホークの吊りモデルや
火曜日夜8時の代名詞、赤い通り魔・レッドマンのマスク展示など見所はたくさんあれど、
メカゴジラの中では昭和の2代は譲れないという私にとって、
そうとうな勃起モンでした。

あと、流星人間ゾーンのスーツもよかったな。

ミサイルマイトまで展示しといてくれればパーフェクトだったけど。


で、中盤から引き返し不可になって、目玉の「巨神兵、東京に現る」の上映。

これはカナリ盛り上がった。

けど、ここから後の展示にあるメイキングと組み合わせて、楽しさ120%かなー。


後半は、小道具倉庫や修復ブースなど、ものづくりの裏側の再現。

サイボットゴジラのリモコンヘッド、千年龍王、
修復中のゴジラ、ガメラや大魔神の試作モデル…

山と積まれた小道具の中からお気に入りのアイテムを探すのが、正しい楽しみ方?

しかし、ベロンと立てられたノコ刃みたいなのが、
ガイガンの腹ノコだったとその場で気づかなかったのは、悔しい…

そして最後に、「巨神兵、東京に現る」で使われた東京破壊のジオラマが、
撮影可能ブースとして解放されてました。


でー、
この展示会はもちろん抜群だったのですが、
プラスアルファで楽しめたのが、他のお客さん。

スカイホエールの前でずっと立ち止まってるパパなんかはもちろんのこと、

次の展示に行きたそうな彼氏を尻目に
「ここ面白いじゃん」と小道具倉庫に居座る彼女とか、

「これねー、お母さん、すきだったのよー!」と
G2ガメラの着ぐるみの前で子どもに熱く語る若いママとか。

いるんだな、こんな人ら。(^ー^)

そんなかんじで、どこをとっても美味しい展示会でした。


愛媛展示は、今週末までのようですヨ。

 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:愛媛県美術館で開催の「特撮博物館」情報 2013/06/20

 前回の更新「 /06/18 」に続いて、  昨年秋に「東京都現代美術館」で開催され、 4月3日より、愛媛県松山市内の「愛媛県美術館」にて開催中の 「 館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチ