【映画】 魔の火山湖・甦えった巨大生物の恐怖

「どじょう」は、今、話題のキーワードですが、
雨後の竹の子の如く産まれた「ジョーズ」の「2匹目のどじょう」の内、
モデルアニメーションの恐竜が暴れ回るのが、コレ。

「U.M.A2002 レイク・モンスター」として
インチキ200X商法の共犯にされてしまった、
人喰いプレシオザウルス(!)が暴れ回る、
魔の火山湖・甦えった巨大生物の恐怖」。



「ジョーズ」に当て込んではいるものの、
中身は「最後の海底巨獣」「恐竜時代」あたりへのオマージュでした。

予算がよほどかかってないのか、
本家「ジョーズ」でメインの残虐シーンになった
「警告を無視してお祭りをやったらみんな喰われた」
というお約束シーンが無し!

おかげで「13日の金曜日」みたいな
「湖に殺人鬼がコンニチハ映画」程度しか被害が出ないのね。

そのかわり、といってはなんだけど、
コメディリリースが充実。

貸しボートの仕事以外は朝から酒、という
憧れるほどファンキーライフな中年親父コンビ。
その二人から借りたボートに火をつけて恐竜を追い払う、
「特攻野郎Aチーム」のフェイスマンが
付け髭で変装したみたいなチャラ男。

このあたりがお祭りジェノサイドの代わりになってます。
一応。

そして、最後のプレシオザウルスとブルドーザーの対決!

これがまた盛り上がらない!(笑)

ブルドーザーって、バケットが上げ下げするだけだからなあ…


まあ、こういった映画がBDクオリティで見られたのは、
良かったと言えば良かったかな。
DVDはそこいらで捨て値になってると思うんで、
気が向いたらどうぞ。的な。
 

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)