【おでかけ】 ハート&アートとくしま

 全国障害者芸術文化祭「ハート&アートとくしま」(http://www.heart-art-toku.com/)に行ってきました。
 ほんとは知ってる人のライブパフォーマンスやってる日に合わせていきたかったんだけど…

heart01.jpg

 さすがに全国大会だけあって、県内からの出展をメインに外国からの招聘も含めて、地元随一のイベント会場の1階2階をフルで使ってた。

heart02.jpg

 障害を持つ方の作品を見ていつも感じるのは、作る喜びと、完成させる情熱。

 画面中にびっちりと書き込まれた、押印ほどのサイズの「美」っていう字が、色分けで絵になってるとかね。
 無数の積み木でマンハッタンのような街並みが作られてるとか。
 40号50号のキャンバスが細かい幾何学模様で埋め尽くされてるのとかとても真似できない。

 それは好きでやってることだろうし、れっきとしたスキルだよ。

 Pixivに、トレスとかコラとか写真を画像処理しただけのとかをアップまくってる奴、一度見に来いよ、ホント。


 で、見に行った理由のもう一つは、企業ブース。 ロボットスーツが実演展示されてたのね。

CYBERDYNE ロボットスーツHAL http://www.cyberdyne.jp/

 テレビとかで紹介される時には、これを装着すると女性でも成人男性を抱きかかえられるとか、どっちかというと「介護者の負担を軽くする」って文脈で紹介されることが多いと思うんだけど。
 実演展示されてたのは、このロボットスーツの下半身部分で、装着した本人の歩行をサポートするっていうもの。
 うちの祖母は風呂場で何回かこけて、太腿も腰も骨を折ってて歩行があやしんだけど、それ見てると日々の生活ってのは、そういった問題との戦いであり自分との戦いであると同時に、プライドとの戦いでもあると感じるのよね。
 このマシンて、なんかそういうのサポートするデカい可能性があるんじゃなかろうか。

 それに、これ、すごいスリムでかっこいいじゃない。
 電動サポート付き自転車がいつのまにか市民権を得て、今それに電動カーが続こうとしてる流れに、これが続けば良いなあと思う。
 若者が電車のシートを独占してケータイいじったり化粧したりしてるの尻目に、お年寄りや片足の方がこれつけて吊革もってシャッキリ立ってるのとか、かっこよくない?

 問題は会社名だけだな(笑) サイバーダイン。


 あと、会場では既存の映画に字幕と副音声を追加したものを上映してたんだけど…

heart03.jpg

 エヴァかあ… 誰が選んだんだ…

 ちなみに、このエヴァだけ「字幕のみ、副音声なし」だったそうです。

 まあ、そりゃそうだろうな。
 副音声で「少年の前に巨大なロボットの顔が現れた」「怪獣はバリアーを張る」とかきまじめにやられても、聞かされた方が困るよな。


 バカ知事が(あーもー痴事でいいや)ケチったせいでかたった3日しかなく、明日が最終日。
 アーティストの実演や川嶋あいさんのライブ、ピアノコンサートなどもあるので、ちこっとでも興味のある人は覗きに行ってみてはどうでしょうかね。
 

テーマ : 徳島県 - ジャンル : 地域情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)