【おしらせ】 リンク追加

以前からskyrimやSims3のプレーの参考にさせて貰ってた、

真のノルドは子孫を増やす練習をする さん

へのリンクを追加しました。


さあ、皆さんも廃人プレイに磨きをかけましょう!
 

テーマ : Skyrim - ジャンル : ゲーム

【STEAM】 The Witcher 3:Wild Hunt (その1)

【ダイイングライト】 のストーリーを無事終了させたので、
やっと 【ウィッチャー3】 に移行しました。

さて、この手のゲームは、
やればやるほど、【skyrim】の偉大さが際立ってきませんか(笑)

てなわけで、まずは、文句から…


まず世界観でいうと、
マップは広いものの、うろうろ歩いてれば何かが起こった【skyrim】に対し、
イベントが固定的な印象。

トレーラーで登場する、綺麗な羽根のグリフィンですが、
実際には羽根の模様が綺麗なだけで、
他のモンスターもデザイン的にはもっさりした感じ。

witcher3_04.jpg

D&Dとかクトゥルフとか、昔のTRPGって美麗画集が出てたじゃないですか。
ちょうどあの挿絵の感じですよ。

そして素材が多すぎて何をどう組み合わせたら良いのかわからない錬金術。
【skyrim】だと、素材を直に食べてみて、
効能を調べつつお腹を壊すのも楽しみのひとつだったじゃないですか。
そういうのもないのね。


システム面では、「お話重視」らしいので、ムービーシーンが多いです。
お店に行っても、挨拶するのにいちいちバストアップのカットシーンが入ります。
これでテンポを狂わされます。

それだけでなく、コンソール全体がテンポを狂わしてきます。
なんせ階層が多い。特にマップ関連。
3階層越えたらそれは「使いづらい」の域でしょ。

また戦闘中も、呪文の選択がサークルメニューになってるんだけど、
このときも選ぶのに決定ボタンを押さないといけない。
【サンセットオーバードライブ】はサークルの起動は同じだったけど、
メニューから抜ける時にレバーを入れていた方向に自動決定される。
この方式が良かったな。
しかも【ウィッチャー3】では、そのサークルメニューを抜けた瞬間、
コントローラ上で指は防御ボタンから外れてるんですよね…


そして主人公!
お話が始まってまず、このおっさんの入浴シーンでスタート。

witcher3_03.jpg

軽くイラッとさせてくれます。

で、この、
シリーズ3作目の百戦錬磨の妖怪ハンターである主人公が、 弱い!

前作とかやってないけど、この
強そうなおっさんが、レベル1からスタートして、フツーに野犬に食い殺されます。

台詞回しとかにえらく気合いが入ってるだけに、フルスイングの肩すかしです。

その上、旅の最初の目的は、恋人探しです。

もうね、ぜんぜん感情移入できない。


【ウィッチャー3】は、その、
俺が感情移入できない弱いおっさんが、
いちいち台詞をキメながらバストアップで画面に映りまくるゲーム

だと、私は認識しながらゲームを開始しました。


てなわけで文句はここまで。
あと、いいところは、また次回としましょう(笑)

もちろん、あれですよ。悪いことばかりではないのですよ。

ちなみに私はこれもSTEAMで買いましたが、
ORIGINであれば発売後の今も割引販売されてますね。

いつもならここでamazonのバナーを張るのですが、
どうもマーケットプレイスでしか買えないみたいなので止めました。
 

テーマ : The Witcher3 - ジャンル : ゲーム

【STEAM】 Dying Light

ゾンビ系箱庭サバイバル。  もーお腹いっぱいでしょ。

と私も思ってて、ノーチェックだったんですよ。 【Dying Light】

ところが、実況動画見て興味が湧いてしまい、
辛抱たまらず、その場でSTEAMで買っちまいました。

現在、週末セール中ですわ。 http://store.steampowered.com/app/239140/


正直このゲーム、目新しいところはないのです。

ゾンビウイルスがばらまかれ、封鎖された街で市民がミュータント化、
なんて今や定番でしょ。

dl0102.jpg

ゴミ箱漁って食べ物や武器を作るのは、メーカーの代表作【デッドアイランド】から。

【ミラーズ・エッジ】で画期的デビューした一人称視点でのヤマカシ・アクションも、
今となっては他のジャンルの1要素となったし。 【タイタンフォール】とかね。

途中からは一時期カプコンがウリにしまくってたフックアクションまで登場。

盛りだくさん!ほとんどアリモノのアイデア!(笑)


一方、オリジナルなアイデアは、街の状況くらいかな。

街は封鎖されてしばらく経つので、住民の抵抗の跡が。
トゲ付フェンスや電柱を分解した電撃トラップ、
火を点け損なったガソリンだまりなどがあちこちに点在。

こいつを上手く利用して、スタミナを消費せずに戦うのもアリ。


じゃあ、いざやるとどーかっつうと、おもしろい。

組み合わせ方が上手いんだろうな。

破壊された街の中を、走る。登る。跳ぶ。 それだけでワクワクします。

とはいえ主人公は、特殊部隊というよりも潜入捜査官なので、
レベルを上げてやらないと、そんなに超絶アクションできないんですけどね…
(最終的にはアサシンクリードにかなわないし…)


元キックボクサーというヒロインは、けっこう美人でウキウキ。

dl0101.jpg

ゾンビだけでなく、サイコも出てきます。

dl0103.jpg

ポリゴンならではのゆかいなバグもあり。

dl0104.jpg

思った以上の楽しさで、
せっかく予約していた【Witcher3】のプレイに移行できずにいます(笑)
(まあ、こっちとむこうで決定的に操作が違うのでハシゴできないのもありますが)

実は今回、解説動画的なのも用意してたんですが、
上手くUPできず、間に合いませんでした。

発売から少し経っているので、攻略も出そろってるし、
探せば中古でもあるかもしれません。

また、グロ規制で血の色が変更されたためショップでの評価は非常に低いですが、
ゲーム全体を引きずり下ろすほどのマイナスではないと私は思います。
(もちろん、オリジナルのままが良いのにこしたことはありません)

Witcherに行かない人は、こちらをつまみ食いしてみては?

 

STEAM http://store.steampowered.com/app/239140/
 

テーマ : 新作ゲーム - ジャンル : ゲーム

【おでかけ】 トーキョーに行く

GWのイベントに行ってきました。

tokyo001.jpg

コミティア、トレフェス、ゲームマーケットのはしごです。

【コミティア】

友人が出展していたので、ちょー久しぶりに売り子もしてみたり…
あひゃあ。

実はTwitterで逐一報告していこうと思ってたんですが、
パスワードを忘れてしまい、ケータイからログインできず…

当日は、以前にブログで紹介した、
スカルガールズのTシャツ着てウロウロしてたので、
分からないまま、どなたかとニアミスしてたかも…(^w^;

tokyo002.jpg

手に入れたのはこんな感じ。
TwitterでのビキニヨロイTLの影響がモロ…
あとはダイオウグソクムシとか…どーなってるのか。

左下はTwitterとかでちょこちょこ絡んでもらってる、
人外作家のれほさんの本。
他にも人外尻マグネットとかあって、もーどうしたらいいのかというか、
おいしゅうございました。

tokyo003.jpg

ガスママグネットは、これでMETROがはかどりそう。
マルチョムー!

【ゲームマーケット】

盤ゲームするお友達もいないので、
オモロイ駒とかダイスとかないかなーというのがメインでした。
あと、クトゥルフ系の珍品ね。

姫騎士とオークの駒セット、というのがあったんだけど、
結局買わなかった。
やっぱ買っときゃよかったかな。

【トレジャーフェスタ】

一度行ってはみたかったのだ!行ってみた!
ここで一番、散財した!(笑)

tokyo004.jpg

少し出遅れただけで、可動フィギュア系はほぼ完売。
唯一、まめ素子ちゃんだけ手に入りました。

tokyo005.jpg

あと、ねこかわいい

tokyo007.jpg

せっかく出展があったのに、アフロダイAも手に入れ損ねる…

まあ、今までメガスカルプチャさんとこの動物シリーズをいくつか手に入れて、
「関節は自分で入れてね」系はどうせ作れへんのだろ自分、
というのが分かってきたので、運命なのかも…

tokyo008.jpg

このシリーズもかっこよかったんだけどな…

今回こそは、
素子ちゃんの組み立てと、獣人ヘッドの着彩くらいは、
ちゃんとするぞい!

【曖昧☆美少女アート展】

どーせ東京行くなら展覧会も見に行きたい!と、
目を付けてたのが、これ。(http://www.tgs.jp.net/girlsart.html

自由時間(笑)に無事、辿り着くことができました。

tokyo009.jpg

まーいかがわしいですよね。

tokyo010.jpg

メインは「水中ニーソ」になるのでしょうか。

水着美少女にニーソ穿かせて水中で写真を撮ろう!

という発想がまず狂ってます(笑)すばらしい。

いろいろ制作話も聞けて楽しかったです。


私はあまり遠出しないのだけど、
今回はカナリ中身の詰まったおでかけで、満足でした。

行き帰りは友人の車に乗ってただけだし。
富士山も見られたし。

tokyo006.jpg

コミティア後には友人のジャンルの人たちの打ち上げがあり、
激しいトークがあったり等もして、いろいろ刺激を受けましたよ。

ただやはり、自分で出展するバイタリティはもう無いのですけどね…


あ、あとはあれだ。友人との夜のドライブの恒例。

tokyo011.jpg

あのとき 眠りの後に起こったミステリー!

こんなん、毎回やってる!
 

テーマ : サブカルチャー - ジャンル : サブカル